回復


のあ、順調に回復しています。

28-9-28-3.jpg

22日夕に咬まれて、23日にかかりつけの先生に受診。
26日に経過を診てもらいに再診。
その日の夕方、15:00過ぎから「お散歩行きたい!」猛烈アピール・・・
朝は排泄だけでへばってたのに( ;∀;)

今日はもう腫れもほとんどひいて、
咬みあとはこんな感じ。

28-9-28-1.jpg

28-9-28-2.jpg

あっ、寝てるのは具合悪いからじゃなくて、
夕方の散歩→ごはん後のいつもの
まったりタイムだから。

皆さん、ご心配お掛けしました。
スポンサーサイト

マムシ


のあが・・・マムシに咬まれてしまった。

22日夕方、父ちゃんが散歩に連れて行き、その帰り道。
いつもの土手道。
道沿いの、草むらにいつものように顔を突っ込んで
匂いかぎをしていたら、突然「キャン!」といって飛びのいた。
のえも一瞬、興奮状態。
すでに薄暗かったのでよく見えず、家路につくが
のあの足取りが重くなる。
家について左前足を見ると血が滲んですでに腫れて来ていた。
「蛇?」と嫌な想像が頭をよぎる。

すぐにかかりつけの先生に連絡したけど祝日で留守。
仕方なく休日診療している別の病院を探して診てもらう。
「蛇じゃないですよ、牙のあともないし。」
と言われ、消炎剤と抗生物質の注射をうってもらい、帰宅。
しかし・・・腫れはひどくなり、右足の倍以上の太さに。
出血も止まらず、痛いのか時々キュンキュン鳴いている。
「蛇じゃないなら?何?」
とネットで調べたりして、「ムカデかなあ。」と思っていた。

28-9-24.jpg

翌日、かかりつけの先生に診てもらうと、
「マムシだねえ。今年はマムシの咬傷が多いんだよ。もう6件目かな。」
「でも昨日診てもらった先生は牙の跡がないって・・・」
「マムシの牙は針みたいに細いから、わからないことが多いんだ。」

この時点で母ちゃん、絶句。
「えっ、マムシって・・・のあ、死んじゃの???」
ところが、先生の奥様の力強いお言葉が。
「大丈夫。うちの先生、マムシの咬傷の治療で学会で研究発表してるのよ。」

28-9-24-2.jpg

そのあと先生から詳しいお話を聞いて一安心。
犬はマムシの毒に強いこと、薬で治療可能なこと、等々。
その日は注射3本と翌日からの飲み薬3種類もらって帰宅。
夕方にはとりあえず出血は止まり、ご飯も食べられるようになった。(:_;)

28-9-24-3.jpg

今日で咬まれてから丸2日。
まだ腫れも引かないし、元気もないけど大丈夫そう。
完治には時間がかかるとのことだけど、のあ、頑張ろうね。
そして、父ちゃん・母ちゃんの不注意でこんな目に合わせちゃってごめんね。
本当に、本当ね、ごめんね(:_;)


アレルギー、その後


週1回の注射、投薬、目薬で治療中の
のあの目、大分よくなった。

28-5-30-2.jpg

薬は抗生物質と抗アレルギー薬を一日一回。
目薬はヒアレインという目の潤いを保持するものと
アレルギー薬のリンデロンを処方されている。

よくなってきたので飲み薬は半量になる予定。
・・・のあねえ、病院ではいつも「いい子だね。」って褒められるのに、
注射が大嫌いでキャンキャン泣くのですよ(-_-;)

28-5-30-3.jpg

アレルギーの原因は今のところ?
ただ、春になって悪化したのでお散歩コースにわんさか生えてる雑草かなって。

(先代犬)ロクもそうだった。
時期は決まって毎年7月下旬~10月中旬。
冬~春はなんともなくて。
皮膚の柔らかいところが真っ赤になって掻き毟ってた(:_;)
月遅れのお盆のころが一番悪化するので”お盆の呪い”とも。

食事も手造りにしてフードもいわゆる”プレミアム”の除去食にして
いくらかは改善したけど、
ひどいときは薬に頼らざるを得なかった。
そしてひどくなってしまう前にと、時期がくる少し前から
薬を飲んでいた。

のあもなるべく薬を使わない方法を探っていこうと思う。

28-5-30-1.jpg

おまけ・・・珍しく、おケツくっつけてたの組(^◇^)





ドッグマッサージ


21日(土)、小布施ハイウェイオアシス内のICHIカフェさんでの
PETMOTTO Web主催、ペットマッサージ教室にのあと(のえはお留守番)参加した。

28-5-28.jpg


で、全然関係ない写真だけど、
くわしくはこちらのブログをご覧ください。(*'▽')

マッサージで「あっという間にリラックスしちゃうのあ。
結構皆さん(-_-;)でした。

アレルギー


春先から目やにが増えた。
朝起きると「えっ、白濁してるの?」というくらい目やにで瞳がおおわれるくらいに。
そのうち目の周りも腫れぼったくなって。
5月連休明けに受診。

KIMG0769.jpg


アレルギー。
去年の9月くらいに1度受診して飲み薬と点眼で軽快してたんだけど。
アレルギーの点眼薬だけでは治らなくなってしまった。
今回、ドライアイっぽいところもあるとのことで、
ヒアレインという点眼薬に変更。
抗アレルギー剤と抗生物質の飲み薬も処方され、1週間様子観察。
大分よくなったけど、更に1回/週の注射を追加。

・・・うちの子になるまで、アレルギーなんて話は聞かなかったんだけど。
と、ふと思い当たることが。
フィラリアが陰転したから?

長いこと共生してたフィラリアがいなくなって、
攻撃対象をなくした免疫機構が別の攻撃対象を見つけちゃった?
・・・時期的には一致するんだよねー。
藤田絋一郎センセイの説に依る。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR